HOME > 金属試験機 > e-BRIO

e-BRIO

ブリネル硬度計で押し込んだくぼみ径を
0.001mmの分解能で読み取り、自動的にブリネル値を表示します。

ハイライトブリネルスコープは、焦点調整の必要がなく、
非常に見やすい「くぼみ径計測顕微鏡」になります。
読取りデータの個人差を軽減し、精度の高い結果が得られます。


現場では光学的な読取装置が適していますが、照明方法の違いや
視度調整機構がない場合は読取データの個人差が大きくなります。
焦点調整機構がある顕微鏡の場合は、接眼鏡の標線が鮮明に見えるように
視度調整を行いその後、標準尺の目盛長さが一致するように焦点距離の調整が必要です。
不適切な調整を行うと倍率の変化により、くぼみ径の測定に大きな違いが生じてしまいます。

e-BRIO

  • e-BRIO
  • e-BRIO

この商品のご利用は、こちらよりお問い合せください。

  • 製品番号: 226-101-000
  • JANコード: 
  • エルンスト(Ernst)
  • 金属試験機

特長

ブリネル試験機を用いてくぼみを正しく測定することにより、試験の信頼性が増します。
くぼみ径のエッジを精度よく正しく読取ることが非常に大切です。

■明るく見やすいLED光源を採用
■【ASTM E-10に適合】
■0.01mm / 0.05mmの2つの読取タイプ
■コンパクト設計
■200時間連続使用が可能
■スケール計測バーの移動により、読取誤差を軽減

仕様

 スケール  HB30,HB10,HB5,HB2.5-荷重:
 3,000,1000,750,500,250,187.5,125,62.5,31.2,15,6
 測定範囲(φ)  0.7mm~5.0mm
 読み取り装置  カメラ:750×480pixel  分解能:0.001mm
 換算スケール  HRA,HRB,HRC,HRD,HRE,HRF,HRK,HRG,HR15N,HR30N,
 HR45N,HR15T,HR30T,HR45T,HV,N/mm²,kg/mm³
 サイズ  スキャンニングデバイス:170mm(H),750g
 操作環境  5~40℃(結露なきこと)

標準構成品

スキャンニングデバイス(本体)、測定ケーブル、ノートPC、
基準片、取扱説明書、キャリングケース

オプション

戻る

消耗品

戻る