GP8100

1回のスキャンで6回分のラインスキャンが可能に

スイスのSET社(プロセク)が開発したGP8800は、SFCW(Stepped-Frequency Continuous Wave)技術を採用した新しい鉄筋探査機です。
0.4~6.0 GHzの幅広い周波数を採用し、最大探査能力65 cmを実現しました。

GP8100は、横幅の広いワイド型ですので、1回のラインスキャンで同シリーズの従来のラインスキャン6回分を計測可能です。
精算性の高いポータブルコンクリートGPRアレイにより、物体の迅速な検出と優れたデータ収集が可能になります。

GP8100

  • GP8100
  • GP8100
  • GP8100
  • GP8100

この商品のご利用は、こちらよりお問い合せください。


特長

【生産性】
25cmの有効スキャン幅と80cmの侵入深さでスキャン効率を高めます。
1回のスキャンは従来のラインスキャン6回分に相当します。

【視覚化】
スーパーラインスキャビューを使用してあらゆるサイズの物体を検出し、コンクリートの表面にマーキングすることがこれまでになく簡単かつ迅速になりました。

【密度】
1200スキャン/秒の高いスキャンレートにより、1回のスーパーラインスキャンで非常に高密度のGPRデータ収集が可能になり、従来のラインスキャン6回分を視覚化できます。

仕様

標準構成品

オプション

戻る

消耗品

戻る